マクニカのMPA1000 IPMX SoMで何ができますか?

シェアする

MPA1000とそのウェブ・インターフェイスでできることを深く掘り下げてみましょう。

マクニカ MPA1000 4K AV over 1GbEモジュールにより、メーカーは最小限のエンジニアリング投資でIPMXの相互運用性をあらゆるビデオ製品に組み込むことができます。シンプルなコンフィギュレーションと制御が、このモジュールの設計の基本原理です。ルーティング可能なUHDビデオ、オーディオ、USB、HDMI制御信号(EDID、HDCP、HPD、CECなど)をIP経由で送信または受信するようにフィールド設定可能です。ネットワークに接続されると、モジュールのトラフィックはRESTful NMOSプロトコル(放送におけるコンテンツ・ストリームの公開と検出のためのオープン・スタンダード)を通じて検出可能です。各モジュールには、RESTful APIを備えた内蔵ウェブサーバーと、カスタマイズ可能なウェブアプリケーションが含まれています。ホスト・アクセスは、オプションの専用標準インターフェース(イーサネットまたはシリアル)を通じて提供されます。

MPA1000は、単体で購入することもできるし、次のような製品の一部として購入することもできる。 開発キット テスト、開発、プロトタイプ製造に最適。

シェアする