マクニカ・テクノロジーについて

マクニカ・テクノロジー は$10Bの一部門である。 マクニカ・グループライブ・ビデオ・アプリケーション用の知的財産と製品を専門とする。

2011年には、シリアル・デジタル・インターフェース(SDI)からインターネット・プロトコル(IP)ベースのインフラへの移行をサポートする知的財産の開発を開始しました。当社の高速ネットワーキングの専門知識を活用し、2012年のNABでSMPTE ST 2022-1/2/5/6知的財産の最初の実装のデモンストレーションに成功しました。現在も当社は、Video over IPの移行を形作る新たな規格の開発と定義の支援を続けています。

マクニカは次のようなソリューションを提供している。 ST2022-1/2/5/6/7、ST2110、ST2059-1/2, エヌモスそして アイピーエムエックス.圧縮については、J2K、TICO、JPEG-XSの統合済みソリューションを提供しています。標準定義の完全なリストについては、以下をご覧ください。 テクノロジーのページ。

Video Services Forum (VSF)、Alliance for IP Media Solutions (AIMS)、Advanced Media Workflow Association (AMWA)、Society of Motion Picture & Television Engineers (SMPTE)の正会員であるマクニカは、Video over IP製品を設計する際の要件と課題を理解しています。Macnicaは、放送、ProAV、医療などの各市場における要件を満たすソリューションを構築するために、お客様に標準規格の教育やサポートを行っています。

マクニカ・グループについて

マクニカは半導体、電子部品、ネットワーク機器、ソフトウェア製品、各種サービスを世界中のエレクトロニクスおよびエンタープライズIT市場のお客様に提供するグローバルリーダーです。日本、中国、アジア、北米、南米、ヨーロッパにおけるグローバルなサプライチェーン・ロジスティクスに加え、マクニカは世界トップクラスのテクニカル・サポートをお客様に提供しています。さらに、マクニカはシステムに関する専門知識を活かして、新しい規格やアプリケーションを提案し、新しい市場やアプリケーションのための重要な知的財産を開発することで、顧客がこれらの新しい市場に容易に対応できるようにしています。

  • 1972年横浜で創業
  • マクニカ富士エレクトロニクスホールディングス(東証3132)の子会社。
  • +世界85拠点に4,000人以上の従業員
  • 従業員の30%がエンジニア
  • 200社以上のサプライヤー
マクニカ・サイン